留学の目的に合った制度と期間を選ぼう

カテゴリ

最新記事

2017年09月22日
留学の目的に合った制度と期間を選ぼうを更新。
2017年09月22日
比較しながら検討しようを更新。
2017年09月22日
留学生にオススメしたいポイントを更新。
2017年09月22日
イギリスへの高校留学の方法はたくさんあるを更新。

カレンダー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

グローバル化をポジティブにとらえる

イギリスの高校留学に関心が寄せられているのは、実際に体験した人が活躍する場面が多いからといえるのではないでしょうか。今となっては、海外への高校に留学すること自体は決して珍しいことではなくなりました。多くの人が自らの経験を積むことなどを目的として赴くような時代を迎えたのです。気になる点といえば費用面が挙げられます。旅費や宿泊費などを用意する必要があります。裕福な家庭であれば、問題なく用意することができるかもしれませんが、いわゆる貧困世帯であれば、難しいかもしれません。
しかしながら、高校留学などの教育を目的としての使い道であれば、銀行などの金融機関でも比較的融資をしてくれることが多くあります。教育分野については、柔軟性を持って対処するということが求められています。イギリスといえば、英語を学ぶには申し分ない国家といえるでしょう。日本との関係性についても、友好関係を保っていますので、何かと心強さを感じます。周囲をすべてネイティブスピーカーに囲まれることになれば、否が応でも英語で話すことが求められます。自ら率先して英語を話すようにするべきです。英語力が身につくことによってグローバル社会でも活躍できます。

イギリス高校留学の多彩な選択肢

イギリスは、世界でも最高水準の教育が受けられる国として定評を得ています。英語発祥の地であり、訛りのない、美しく聞き取りやすい発音を体得するにはもってこいの環境です。日本からの高校留学制度も充実しています。最も身近なのは、日本の学校の長期休暇を利用した短期留学でしょうか。一般に、1週間から2か月程度の短期留学では、イギリスの語学学校やボーディングスクールで、英語を始めとした基礎科目が学べます。他にも、スポーツ、ファッション、アートなど、多様なコースに参加することが可能です。対して、1学期以上の長期留学では、より深い学習と、現地にて生徒同士の深いコネクションを作る事ができます。この場合、所属する日本の学校を休学して留学することになりますが、学校によっては、留学先で取得した単位を自校の単位としても認めてくれる事があります。各学校に詳しく確認してください。
また、より長期での留学とはなりますが、イギリスの大学への進学を視野に入れて、現地の高校に入学する事も可能です。イギリスの大学を受験するには、Aレベルという資格試験をパスしなければなりません。入学した現地の学校にて、その為の学習を行います。このように、日本からイギリスへの高校留学では、様々なスタイルが選べます。高校生だからこその、選択肢の多彩さです。イギリスへ高校留学する際には、将来のヴィジョン、留学の目的に合った期間と制度を選んでください。

コンテンツ

留学の目的に合った制度と期間を選ぼう

グローバル化をポジティブにとらえる イギリスの高校留学に関心が寄せられているのは、実際に体験した人…

続きを読む

比較しながら検討しよう

イギリスへの高校留学で若いうちから学ぶ英語 近年は日本でもよりグローバル人材が求められる様になり、…

続きを読む

留学生にオススメしたいポイント

イギリスに高校留学をするメリットとは これから高校留学を考えている人の中にはイギリスを留学先として…

続きを読む

イギリスへの高校留学の方法はたくさんある

イギリスの高校留学は学費の安い公立校で 語学の勉強の為にイギリスの高校留学を考えている人いるでしょ…

続きを読む