イギリスへの高校留学の方法はたくさんある

カテゴリ

最新記事

2017年09月22日
留学の目的に合った制度と期間を選ぼうを更新。
2017年09月22日
比較しながら検討しようを更新。
2017年09月22日
留学生にオススメしたいポイントを更新。
2017年09月22日
イギリスへの高校留学の方法はたくさんあるを更新。

カレンダー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

イギリスの高校留学は学費の安い公立校で

語学の勉強の為にイギリスの高校留学を考えている人いるでしょう。その際には学費が安い公立高校に行かれてはどうでしょうか。イギリスには諸外国から高評価となっているボーディングスクールと言われる私立の全寮制の高校がありますが、そこに入れば1年間でおよそ300~600万円ほどの費用がかかるといわれています。それに比べると公立高校は1年間で100~150万円ほどで通うことができ、かなりお手頃になります。イギリスの公立高校は2年制なので、日本で1年間勉強をしてから行くといいでしょう。地元の高校生と一緒に授業を受けれますし、ホームステイも低予算で月6万円くらいです。
また、ロンドンだと物価が高いため郊外か地方都市の高校がおすすめです。このようにイギリスでも私立と公立では学費に倍ほどの差があります。公立の高校でもしっかりとしたカリキュラムで学習することができますし、保護者の同伴も認められているので、子供だけでは心配だという時でも安心して留学することが可能です。日本からの高校留学の場合は私立校への留学が多いのが現状ですが、イギリスは他の国に比べても費用が高めです。イギリスの高校留学の際には、公立校も視野に入れて考えてみてはどうでしょうか。

自分に合ったイギリスの高校留学を探す

英語は世界中で話されているので、その国ごとの特色を加えながら独自に発展しています。世界で通じる英語を習得したいなら、やはりアメリカ英語よりもイギリス英語を習得した方がいいでしょう。海外映画などで英語を聞いて覚える方法もありますが、世界中から俳優たちが集まっているので、各地域のなまりが混在している状況です。ですから、映画を通して学んだ英語は各地域のアクセントがごちゃ混ぜになってしまう可能性があります。やはりヨーロッパ各地域でも通用するイギリスアクセントの英語を覚えた方がいいでしょう。
本場のイギリス英語を身につけるには、若いうちから留学して英語に直接触れることです。英語圏へ高校留学する制度も整っているので、イギリスへの語学留学もスムーズに実行できる時代になりました。イギリスへの高校留学の方法はたくさんあるので、予算や滞在期間などを考慮して最良の選択をしてくださいね。
イギリスへ高校留学は、交換留学制度を利用する方法や、私費留学、ホームステイなどの短期留学などがあります。まだ中学生なら国際派の高校に進学するのも手ですよ。学校のカリキュラムで、一年間提携校に留学するシステムなどを利用してイギリスに行けます。

コンテンツ

留学の目的に合った制度と期間を選ぼう

グローバル化をポジティブにとらえる イギリスの高校留学に関心が寄せられているのは、実際に体験した人…

続きを読む

比較しながら検討しよう

イギリスへの高校留学で若いうちから学ぶ英語 近年は日本でもよりグローバル人材が求められる様になり、…

続きを読む

留学生にオススメしたいポイント

イギリスに高校留学をするメリットとは これから高校留学を考えている人の中にはイギリスを留学先として…

続きを読む

イギリスへの高校留学の方法はたくさんある

イギリスの高校留学は学費の安い公立校で 語学の勉強の為にイギリスの高校留学を考えている人いるでしょ…

続きを読む